嵐のイチメン featuring☆櫻井翔☆ 

嵐&櫻井翔ちゃんを抜群に応援してます☆
No  11510

「先に生まれただけの僕」完成披露試写会

試写会レポ頂きました!syhuoiさんありがとうです♪
先に生まれただけの僕

完成披露試写会ありました!
明日は、日テレ系録画です!!
ニッカン→蒼井優、櫻井翔が「みんなに好かれる理由が分かる」


※お知らせありがとうです♪

rikoの地域では「ZIP」でみれました!
PONはニノちゃんと登場!したみたい!!!
「ニノさんSP」楽しみすぎです!!!



スポンサーサイト

別窓 | 嵐ニュース | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「未完」!!!!! | 嵐のイチメン featuring☆櫻井翔☆  | anan!>>

この記事のコメント

No.56234 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-10-05 Thu 08:03 | | # [内容変更]

No.56235
rikoさん、こんにちは!お久しぶりです。お忙しいと思いますが、季節の変わり目なのでお身体に気をつけて下さいね。


昨日の「先に生まれただけの僕」1話特別試写会に幸運にも参加することができました!
会場は小さめの規模で前4列はプレスの方々が座っていて、その後列の席に座って、ドラマの鑑賞と会見とフォトセッションを見ました。公式HPとFC合わせて100人くらいの人数だったと思います。
全部覚えてないくて申し訳ないのですが、ネタバレをしないように気をつけながら、ざっくりとしたレポと感想を…

〜ドラマの感想〜
ドラマは、大変面白かったです!
役者の皆さんの演技がすごくて、掛け合いが多く、テンポよく軽快なので面白く、それぞれの登場人物たちがとても生き生きしていました。鳴海校長先生を演じる翔くんの表情がとても良くて。かっこいい、可愛い、守ってあげたいなど様々な感情が私の中でグルグルしました(笑)翔くんの方言は必聴です!また、細かいなと思った演出があって、最後の方のシーンで鳴海校長先生の感情に合わせて、ライティングの色や明るさが変わったりしていて、すごく丁寧に作り込まれている作品だなと思いました。照明は映画「ナラタージュ」のスタッフさんと同じと翔くんが雑誌のインタビューで言っていたので、納得しました。教室のセットを全部立てたとも話していたので、本当に映画のようだなと思いました。ビジネスと教育の両方を考えることはあまりないと思うので、矛盾を叩きつけられた時は、ハッと気付かされるし、すごく納得もしました。最近の社会問題についても盛り込まれていて、それがスーッと入ってくるので、子供から大人まで本当に楽しめる作品だと思います。子供からしたら高校生たちの気持ちがわかるし、大人からしたら、もしかしたら鳴海涼介の気持ちに同情するかもしれないし、教師側の気持ちに同情するかもしれない。また恋人の多部ちゃんに感情移入するかもしれないし、高嶋さん演じる超嫌な上司には…同情するかな?(笑)高嶋さんのキャラがすごく濃くて…(笑)本当に人それぞれ楽しめる作品だと思います。
1話なので、物語が始まったな、これからどうなるんだろう、早く2話以降が見たい!と、とても楽しみになりました。本当に面白くて素晴らしい作品なのでぜひ、多くの方々に先に生まれただけの僕を見て頂きたいです!

長々とドラマの感想失礼いたしました。
後ほど、会見の方のレポを書きたいと思います。
2017-10-05 Thu 10:46 | URL | syhuoi #- [内容変更]

No.56236
いつもの通りニュアンスで書いて、誤字脱字もあると思うので、正しくはWSや今日更新されたJohnny'sWebのレポなどを見てくださいねm(_ _)m

先に生まれただけの僕1話特別試写会レポ

1話試写会を終えて、後ろの控え室から翔くん、蒼井さん、井川さん、風間さん、高嶋さんの順で役名とお名前を読み上げられて1人ずつ入場。
(翔くんはグレースーツで総合商社樫松物産のバッジをつけた鳴海校長先生の役柄の衣装でした。席から近くて翔くんが良く見えました。脚が長く、スラっとしていて、本当にかっこよかったです。キャストの皆さんを待ってる時の翔くんの表情が優しくて…)
座席は左から井川さん、風間さん、翔くん、蒼井さん、高嶋さんの順に。キャストの右後ろにこのドラマの脚本家の福田さんと演出の水田監督が座られていました。
進行は日テレアナウンサー藤井恒久アナ。(ヒルナンデスのファッションロケの時にお見かけする方です。)

司会 「私立京明館高校に校長として出向する、鳴海涼介役、主演の櫻井翔さんからお願いします。」
翔くん 「本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。鳴海涼介役をやらせて頂く櫻井翔です。皆さんご存知かもしれませんが、このドラマは早く撮影したもので。撮影自体は8月中旬頃に終わりまして、僕たちキャスト、スタッフも早く観てもらいたくて仕方なくて。反応も気になってるもので…今日、初めて関係者以外に観て頂けるということで、後ろの壁のところから、僕と風間さん、あの隙間から『ウケてるかな?ウケてるかな?』と(笑)。早く沢山の方に観て頂きたく思っています。いわゆる学園ものではないのですが、学園ドラマとくくっていいのか、ちょっと段々わからなくなってきていまして…商社に勤めているということで、ビジネスのシーンもありますし、職員のシーン、生徒のシーンもあります。なかなか説明しづらいのですが、楽しい、そしてちょっと考えさせられる…そんなドラマになっていますので……。(少し考え込む)最後なんて言って締めたらいいんだろうなぁ?ぜひ1話ご覧くださいって言っても、もうみんな見てるもんね(笑)どうしよう…え?(蒼井ちゃんとマイク通さず色々やり取りがあって)オンエアでご覧ください、でいいのかな?10/14土曜日、夜10時放送です(笑)」
司会 「今回、校長先生に初挑戦ということで、びっくりしたのではないでしょうか?若い校長先生ということで」
翔くん「そうですね、ドラマの中でもそうですけれど、本当に鳴海涼介ビックリしたと思います。なんせ1話の時点では敵ばっかりなので…(笑)なので、大変でした。全10話の中で、だんだん風間さんと意気投合していきますから。ふざけ合ってる所を楽しんでいっていただけたら(笑)」
司会 「校長先生という役をやられてどうでしたか?先生をやってみたいみたいな気持ちは…?」
翔くん 「いやいや、ないです(笑)今回このドラマをやらせていただいて、本当に先生の大変さや校長の孤独さというのが分かりました。例えば、蒼井優ちゃんは2年3組の担任を持っていて、2年3組の最後のシーンになると『ちょっと寂しい』とか、受け持っている生徒に愛情があるから言っていたんですけれど。まあ、校長の僕としては…思いれがないというのは語弊があるんですけど、それぞれ皆に愛情が、満遍なく愛情があるので、孤独な仕事だなと。生徒から中々覚えられないし、生徒と話す機会も少ないし…校長は孤独です。」
司会 「1話では、鳴海の周りは敵だらけですしね。そして、櫻井さん。」
翔くん 「はい!?」(座ろうとした翔くんが立ち上がる)
司会 「今回ドラマの主題歌が初披露ということで」
翔くん 「そうですね。やっとですね。5月に撮影が始まってるんですけど、その頃はまだ何も、全く決まってなくて。撮影の途中で、決まりました!とスタッフさんが持ってきてくれて、じゃあ聴いてみようよということで、ドラマにあるように(学校のセットの)会議室に長机が長方形に並んでいたので、真ん中にパソコンを置いて共演者の皆さんと聴きましたね。まだその時は嵐の歌声ではない、別の人の声で歌ってる仮歌の状態で聴いたんですけど。聴き終わった後、皆さんでオーと拍手してくれましたね。」
司会 「歌詞もドラマとリンクしているそうで」
翔くん 「はい、主題歌は主人公とリンクしていて、直接、歌詞とセリフが一致しているわけではないんですけど、主人公が応援しているようなところや、んー、主人公の成長みたいなところがリンクしてますね。」

司会 「続いて、現代社会の教師であります、真柴ちひろ役、蒼井優さんお願いします。」
蒼井さん 「うちの生徒最高でしょ?(笑)どの先生方も同じ気持ちになるんですけど、特に私は2年3組をもっていたので贔屓目にみてしまうのですが…今回、生徒たちのほとんどが初めてドラマに出る子が多くて、本当に変わっていくんです。今日は1話を観て頂いたのですが、これからオンエアを観て頂けたらドンドン成長していくのを観て頂けると思います。
そして、さっき櫻井さんが、そこの隙間から(様子を)覗いていたんですけれど、終わった後に拍手が起きないことを『あ~拍手がが起きないのか…』と不安がっていたんですけれど…皆さんどうでしたか?(笑顔)」
会場(大拍手)
翔くん 「ありがとうございます!」
蒼井さん「基本的にね、作品の試写の後って拍手は起きないから(笑)」
翔くん「起きないですから。僕が欲しがりすぎちゃった(笑)」
蒼井さん 「この1話はこんな話ですよというプレゼンテーションで、2話以降ドンドン面白くなっていくので。私としてはぜひ9話を観て頂きたいですね。」
翔くん「9話ってなんだっけ?」
会場(笑)
翔くん 「ほら、我々はもう全部把握しているから。」
蒼井さん「始めて台本を読んだ時に私は『えええ~!』ってビックリして思わず、1回台本を閉じました(笑)」
翔くん 「ああぁ〜!あれね!」
蒼井さん 「でも9話を見るためには、1話から8話までを観て頂かないと、9話に乗れないと思うので、ぜひ1話から見て頂いて…(笑)よろしくお願いします!」
会場(拍手)
翔くん 「(挨拶が綺麗に締まったので)さすが!上手い!(拍手)」

司会 「続いて、ここで、このドラマの脚本を書かれました、脚本家の福田靖さんと演出を担当されました、水田伸生監督にご挨拶をお願いします。まずは、福田さんからお願いします。」
福田さん 「みなさん、はじめまして。脚本の福田です。水田監督にお願いされて…(すみません!m(_ _)mこの後の部分の記憶が曖昧なのでちょっと割愛します)
櫻井さんにどんな役がいいか、今の櫻井さんに演じてほしいなと思うものを考えながら脚本を作りました。この作品がキャスト皆さんのターニングポイントになれるように願ってます。」
会場(拍手)
司会 「続いて水田監督お願いします。」
水田監督 「監督の水田です。脚本家の福田さんが日テレドラマで初めて脚本を書くとのことで、この2人で、どうやったら櫻井翔を引っ張ってこれるか、主演を演じてもらえるか、そのために企画を練って万全の準備をしてきました。このドラマには生徒の役がすごく多いんですけど、演技経験がほとんどない子も多くて。始まる前に一から演技指導をつけてから撮影をしましたね。印象的だったのが、今回流れた1話の体育館で、鳴海校長先生が初めて全校生徒の前で挨拶をするシーンで、そのシーンを撮り終わった後ですね。今回参加する生徒の役の皆さんを前に、櫻井くんが今まで経験してきたことを、仕事と学業を両立してきた時のことをお話されて。この撮影をしてるから勉強ができないみたいな言い訳をして欲しくないと生徒の皆さんにお話されてた印象的でしたね。その姿がまさに鳴海涼介そのままでした。今作は、とても手応えを感じていて、いい作品が出来上がったと思いますので、どうか多くの人に見て頂きたいと思います。」
会場(拍手)

続く
2017-10-05 Thu 21:00 | URL | syhuoi #- [内容変更]

No.56237 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017-10-06 Fri 01:01 | | # [内容変更]

No.56238 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017-10-06 Fri 14:31 | | # [内容変更]

No.56240 すごいレポ
ありがとうございます。一生行けることはなさそうな貴重な場所の空気、細かく教えてくださってありがとうございました。
もってますね!
2017-10-06 Fri 21:16 | URL | きらりん #- [内容変更]

No.56241
続きお待たせいたしました!
それと、最初の井川遥さんの挨拶を少し思い出しましたので、追加で載せておきます。

〜追加〜
井川さんの挨拶
司会 「続いて、保健室の先生であります、綾野沙織役、井川遥さんお願いします。」
井川さん 「養護教諭の綾野沙織を演じました井川遥です。今、皆さんの表情を見てすごくホッとしました。クランクアップから時間があいていたので、私もすごく新鮮な気持ちで、完成した1話を見てました。1話では、私は皆さんと一緒のシーンが全然なかったので、鳴海校長があまりにも孤独で驚きました。鳴海校長のストレスを沙織がちゃんと受け止めるお芝居をできていたかどうか不安です。このドラマは、考えさせられる場面と心温まる場面があって、しっかり1時間楽しんで頂ける作品だと思います。」



●ドラマではたくさんの高校生が出演されているとのことでしたが、生徒役の皆さんと実際に接して驚いたこと、または高校生のトレンドで印象的だったことは?
(ZIP!の尾崎アナウンサーからの質問)

⚪︎翔くんが生徒達と接して印象的だったこと
翔くん 「…(…よく考えて)何だろうな…そういったことで言うと、ちょうど撮影してたスタジオの隣が家電量販店で。買い物して、並んでいたレジ横に売ってたハンドスピナーを買ってみたんですね。一体これをどうやって遊ぶのか全く分からず…。これはちょっと高校生、現役に聞いてみようと。優ちゃんに生徒のみんなに遊び方を聞いてくる!って言って、優ちゃんのクラスの所に行ったんだけど…。教室入って40名ぐらいの高校生を目の前にしたら急に聞けなくなっちゃって(笑)『優ちゃん聞いて、ハンドスピナーどうやんのか聞いて』って言ったら『自分で聞きなさいよ!』と。そりゃそうだ!と思って(笑)仕方なく聞いたら、みんな結構知っていてね。前の方の席にいた3人くらいの生徒たちに教えて貰って。1番分かりやすかったのはペン回しみたいなものですよって。あれは、分かりやすかったなぁ。…あれ、この話合ってます?(笑)」
尾崎アナ 「大丈夫です!合ってます。」
翔くん 「まぁ、ハンドスピナーを知っていたことですね。」

⚪︎蒼井さんが生徒達と接して印象的だったこと
蒼井さん「私、撮影中に誕生日を迎えてまして。当日は皆さんにお祝いしてもらったんですけど、その中で私が受け持ってるクラスの生徒のみんなからメッセージが書かれたクラス名簿をもらったのがとても嬉しかったです。1行ずつ名前と一言書かれている名簿をもらいまして、泣きそうになりました。今の子達はSNS世代と呼ばれていて、私達と少し違うのかな?って思っていたのですが、こうやってメッセージを書いてプレゼントしてくれるというのが、こう温かさというかお祝いしてくれる気持ちが嬉しかったです。なので、その後の撮影で、クラスの生徒達とのシーンの時にこの事を思い出してジーンとしてうるうるしてしまっていたんです。一応、隠して演技してましたけどね。」
翔くん「実際、涙目だったんだよね?」
蒼井さん「いや、泣いてました!(笑)」
翔くん「(笑)」

⚪︎井川さんが生徒達と接して印象的だったこと
井川さん「撮影中、生徒達とたくさんは接してないんですけど、保健室で怪我した生徒の手当をするんですね。あるシーンで、喧嘩して怪我をして、まだ怒りが収まってない生徒を手当するというのがあって。その時の生徒からのオーラというか、湯気が見えるようなパワーが凄かったです。大人の喧嘩の場合は、こう気持ちを抑えながらというか…女性同士の喧嘩であってもこのような経験はなかったですね。なのでそのパワーに圧倒されました。」

⚪︎風間さんが生徒達と接して印象的だったこと
風間さん「副校長なので、生徒の方達と接する機会はあまりなかったのですが、驚いたことと言えば翔くんがハンドスピナーにハマっていた事ですね。アレのどこが面白いのかと!(笑)もうやってないんでしょ?」
翔くん「やってないです(笑)」
風間さん「何が面白いんだろうと…以前、芸人さん(お名前忘れてしまいました…ドランクドラゴンの塚地さん?)が同じので遊んでいたのを見かけたんです。芸人さんと同じレベルなんですよ!」
翔くん「(笑)」
井川さん「幼稚園生がよくあれで遊んで…」
風間さん「幼稚園生と同じレベルの感覚なんです!」
翔くん「(爆笑)」
風間さん「そんな翔くんに驚きましたね(笑)」

⚪︎高嶋さんが生徒達と接して印象的だったこと
高嶋さん「私は直接、生徒の皆と接する機会がほとんど無かったのですが…。印象的だったのは、体育館での撮影で、トレーラーで先生役の皆さんが休憩してたんですよ。その時丁度、女子高生が2人近くに歩いてきてたんですよね。それ見て僕が可愛いな〜って言ったら、先生方が『いや、私のクラスの子たちの方が可愛いですよ!』『いや、うちの子の方が…!』みたいな会話をしてて。(笑)本当に役者の皆さんが学校の先生になってましたね。」

(尾崎アナの質問が終わった時。
司会の藤井アナは尾崎アナを指名する時に、尾崎アナのいた場所が遠くて暗くて誰だか分からず、奥の女性の方と言ってしまったことを誤っていました)
司会 「尾崎ちゃん、ごめんね!さっき誰だかわからなくて…」
尾崎アナ「いや、大丈夫です!」
司会 「ごめんなさいね」
翔くん 「そのやりとりは後で、裏でやって下さいよ!」

●櫻井さんが1話の体育館のシーンで生徒達に向けて撮影後お話したと、先ほど監督がお話されていたが、生徒の皆さんに対してどのような気持ちで接しようとしていたか?

翔くん「…(じっくり考えて)何を話したという訳ではないですけど、生徒の中には“静岡から来ました”とか、“大分から飛行機で来て、また飛行機で帰ってまた明日学校です”、みたいな子がいて。僕も99年に嵐になって、バレーボールのイメージキャラクターを、バボちゃんをやって(笑)。僕が通ってた高校が横浜にある高校だったので、学校終わってすぐ新横浜から新幹線に乗って大阪に行って。終わったらまた新幹線で戻って、翌朝学校に行って。また次の日学校終わって、新横浜から新幹線に乗って名古屋に行って…みたいな感じだったので…重なる部分というか。同じ境遇というわけではないですけど、演技経験がほとんどない子もいたので、こういう仕事なんだよと教えるじゃないですけど、それと同時にこの仕事を楽しんでくれたらいいなという想いでしたね。この作品のすごいところは、全ての生徒に役名がついてるところで、1話の登下校とかのシーンも普通だったら、エキストラとか使うんだけど、このドラマではその短いシーンのためだけに生徒役のみんなが現場に来ているんです。短いシーンの生徒たちも本当に一生懸命頑張っているので、どうか生徒役のみんなの頑張りも注目してドラマを見て頂きたいなと思います。早くたくさんの方にご覧いただきたいと思ってます。僕よりも優ちゃんの方が生徒達と多く接していると思うので、優ちゃんからも…何か…」
蒼井さん 「先ほどもお話されてたんですけど、生徒たちは初めてドラマに出る子が多くて。最初は声が小さかったり、照れがあったりして。私もデビューの頃は照れがあったので、すごくその気持ちが分かるんですよね。でも、生徒達は私のデビューの時よりも全然演技が上手なんです。生徒達の成長が花が開いてくようなイメージで、こう、ちょっとずつ花が開くんです。早く開く子もいれば、開いてちょっとしおれしまう子もいたり、また開く子もいて…最後の最後に全員の花が咲いたように見えたことが本当に嬉しくて!自分がでてるんですけど、私の生徒をO.A.で見て欲しくてしょうがないんです!」


その後、キャストの皆さんは一旦退場して、準備が整ってから、もう1度登場。
フォトセッションへ。

ドラマタイトルのパネルをキャストの皆さんで持って撮影。カメラの皆さんに応えて、真ん中、右から左、最後に真ん中という順番でカメラ目線を変えていきました。
笑顔の翔くんが素敵でした。
最初、両手でパネルを持ってたのですが、カメラマンさんたちに言われて、パネルを片手で持って、もう片方はお手振り。

フォトセッション後、またキャストの皆さんは退場。
囲み取材の前に私達は退場しました。

終わり

キャストの皆さんは本当に仲が良くて和気あいあいとした、笑いの絶えない楽しい会見でした。本当に本当にドラマがとても面白いので、ぜひ観てください!

rikoさんのブログをお邪魔している身分ですが、こんな長いレポにも関わらず、載せて下さって…rikoさんありがとうございますm(_ _)m
2017-10-06 Fri 22:14 | URL | syhuoi #- [内容変更]

syhuoiさんとても素敵なレポをありがとうございます<(_ _*)>
すごいの一言しか言えません。
とても感動しました( ; ; )
覚えるの大変だったと思います。
櫻井翔さんの声が聞こえてきました。
和気あいあいとしているのが目に浮かんできます。
大作レポに感謝感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ

一言お礼が言いたくてコメント公開します。
すみません<(_ _*)>
私にはできません。
目の前に櫻井翔さんがいたら見入ってしまいます。
素敵なお裾分けをありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

rikoさんこちらの場をお借りしてすみませんでした<(_ _*)>
こちらのブログは素敵なところですね。
出会えてよかったです(*^-^*)
2017-10-06 Fri 22:59 | URL | かえ #- [内容変更]

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 嵐のイチメン featuring☆櫻井翔☆  |